<< ふくおか。 | main | ひらねかりまた。 >>
2014.02.11 Tuesday

にほんむかしばなし。

0
    JUGEMテーマ:写真日記


    むか〜し昔あるところに、腕の良い狩人がおったそうな。
    狩人は他の狩人たちが行かないような山深くまで分け入って狩りをしておった。
    あるとき丸々と太ったヒガシグリーンランドカリブーが河原でのんびり水を飲んでいるのを見つけた。
    狩人は風下に回りながら、火縄を取り出し鉄砲に挟み込んだ。
    まさに狩人が引金を引こうとしたときだった。
    後ろから突然ニューファンドランドシロオオカミが飛び出してきた。
    そう、ヒガシグリーンランドカリブーを狙っておったのは狩人だけではなかったのだ。
    あまりのことに驚いた狩人はうっかり足を滑らせドゥルセ川へ落ちてしまった。
    冷たい雪解け水に捕まった狩人はあっという間に気を失ってしまった。
    狩人が目を覚ますと、そこは見知らぬ家の軒下であった。
    家の中からおじいさんとおばあさんの話声がもれてきた。
    ばあさんや、久しぶりの肉だ。刺身にしよう。

    いえいえ、ノロや寄生虫は怖いですよ、肉も堅そうだしペリメニにしましょうよ。

    狩人がそっと戸の隙間から中を覗くと、今研ぎ上げたばかりの包丁を手にした山姥とアメミットがニヤニヤと不気味な顔を並べてこちらを見ていた。




    というわけで、不思議な形の包丁を作りました。
    まるで山姥の持っている包丁のようですが、山姥から注文を受けたことはまだありません。
    依頼者によると猪用の包丁なんだそうです。
    色んな道具があるものですkyu

    刀の注文こないかな〜。

    狩人さん、刀が必要ではないですかゆう★
    コメント
    確かにこの形状は、山姥がもっている刃物そのものですな。
    そうか、山姥はイノシシやシカを採って生活していたから、
    この形状の刃物が必要だったのか!!
    • TAM
    • 2014.02.16 Sunday 07:40
    な、なるほど!
    うまいですなぁ(^^)
    • fusayuki
    • 2014.02.16 Sunday 22:42
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>
    福留房幸日本刀鍛錬場
    インタビュー
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM